-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-01-27 14:43 | カテゴリ:
長文です。今日は写真はありません。
あ、事故等は起きていませんので、安心してお読みください。

 夕方の散歩は、近くにある遊水地でノーリードで遊ばせています。
 この遊水地は少しへこんでいて、壁に囲われており、草刈りの行き届いた広場になってます。

 なので近所のワンコと一緒に遊ばせる場になっています。
 他にも野球や凧揚げとかしている人もいて、その時は譲り合っています。

 出入り口は一か所しかないのですが、特に門などはないので、初めのころやまとは、何度か脱走しかけていました。
 今は、最悪でも強めの「オイデ」で戻ってくるようになりました。


 事件は昨日起きました。

 いつものように遊ばせて、日も暮れてきて、まったりモードになってきました。
 元気なのはボーダーコリーのやまとと、後から来たスタンダードプードルちゃんだけでした。

 昨日に限って、母ちゃんは他の人とのお話に夢中になってしまって、僕はスタンプちゃんとボール遊びをしていました。
(エンドレスで持ってくるので楽しいし、
スタンプちゃんのママもお話に夢中でした。)


 ふと気が付くと、やまとが出口に向かって歩いていました。

 「やまとー」
 呼ぶと一瞬だけこちらを振り向き、また歩いていきます。

 「オイデー」
 こちらをちらっと見て、また歩いていきます。
 他の人たちも呼んでくれました。

 僕は、強い「オイデ!(怒)」をしました。

 やまとはしばらくこちらを見てから、どんどん上って遊歩道のほうへ行ってしまい、見えなくなってしまいました。

 僕は、やばい!と思って追いかけました。


 遊歩道にたどり着くと、やまとはちょうど見えなくなった位置で待っていました。

 膝をつき、優しく「オイデ」と呼ぶと、頭を下げておずおずと来てくれました。

 ・・・寂しかったようです。


 僕は全身を撫でまわし、抱きしめてあげました。

 下へ戻るとみんなも「寂しかったんだね」って撫でてくれました。

 それから少し一緒に走ってあげました。


 やまとは僕たち二人にとって大事な大事な家族です。

 ですが、やまとは誰にでもなつくし、いつもへらへらしているので、僕はやまとは、誰でもいいんじゃないかと心のどこかですこしだけネガティブに考えていました。

 でも、やまとにとっても僕たちは・・・


 「大事な大事な父ちゃんと母ちゃん」だったのです。


 確かに、やまとは「オスワリ」などの簡単なコマンド以外は、僕たち二人の言うことしか聞きません。

 ペットホテルで口に怪我をする程ケージをかんでいました。
 (家でのお留守番では今はやりません)


 ディスク以外は、ワンコか僕たちとしか遊びません。
 他の人が投げたディスクも僕たち二人に持ってきます。

 
 ちょっとでも変なことを考えていた僕がバカでした。

 そんな単純なことをやまとが教えてくれた事件でした。


 ごめんねやまと。これからもよろしくね。












↓クリックよろしくお願いします↓
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://yamatopon.blog.fc2.com/tb.php/69-28fea61a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。